ペットの高級バックブランドの販売代理店ー白井孝依・CYRIANO(シリアノ)メモ、「白井孝依」、Inu to Town

小型犬用のお洒落なキャリーリュック!【CYRIANO(シリアノ)Kamily】

https://item.rakuten.co.jp/offer1999/sima1450/

販売代理店とは

海外の面白い商材を発見しその商品の販売代理店となるには、販売計画や目標、契約地域や年間の予定成約数などを相手側に提示することが必要です。

貿易の場合、海外(特にアメリカ)では販売代理店に①エージェント(代理店)②ディストリビューター(販売店)に機能の区別があります。①エージェントとは海外メーカーを代理して当該地域での売買契約を手数料をもらって手助けするという関係を意味しており、発注や価格の決定などの決定は海外メーカーが顧客と直接行い、また広告宣伝費や諸経費を海外メーカー側が一部負担することもあります。このためエージェントは海外メーカーに対して、常に市場動向や販売状況を伝える必要があります。②ディストリビューターは自己のリスクで海外メーカーから商品を購入、在庫、販売をし、販売価格の決定権も自己が持ちます。このため広告宣伝費や諸経費も自己が負担することになります。販売代理店には一般的にこのような区別があるため、個別に契約をされる際は契約書の文言(及びその定義)や合意の内容に注意が必要です。

当該地域での販売権を一手に与えるという独占的代理権・販売権の交渉は代理店契約における重要なポイントです。独占権を与える代わりに最低販売数量や最低購入量を課される場合があるので、慎重な対応が必要です。

海外の面白い商材を発見しても、既に代理店があったり他社と交渉中の場合があります。この場合でも既存代理店の販売量に不満や販売、展開能力に問題を感じていたりする場合があるのであきらめずに交渉をすることをお薦めしします。ただしその場合には既存代理店とのトラブルを避けるために海外メーカーとの事前協議が必要となります。既に代理店をされている場合でもこのような新規業者などへ突如契約を変更される場合があるので、海外メーカーとの信頼関係構築が代理店契約ではきわめて重要です。

https://www.sansokan.jp/akinai/faq/detail.san?H_FAQ_CL=0&H_FAQ_NO=1143

交渉のしかたは、そのブランドの認知度や先方の会社の規模によります。

最初のオファーはメールでも構いませんが、

単なる買い付けではなく、代理店契約なわけですから、

いずれ現地に赴いての具体的な交渉が必要でしょう。

(商社や貿易会社を介在させるのも1つの手ですよ。)

また、先方を説得する場合は「おたくのブランドをこよなく愛しています」という気持ちを

いかに相手に伝えるか……がポイントになります。

なお、インポートプラン度には、最低発注量、日本向けのサイズ展開、価格、独占契約どうかなど、

問題がたくさんありますので、交渉は上手におこなってください。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012902825